2011年7月31日日曜日

富士山を巡る静岡vs山梨という幻想

以下に、富士山問題の実際について解説をしたいと思います。

  • 静岡(駿河)vs山梨(甲斐)ではない
よく「山梨と静岡は富士山を巡り争っていた」と言うが、私はその言い分はおかしいと思う。そうではなく、吉田(甲斐国)と河口(甲斐国)などが争っていたように、また大宮(駿河国)と村山(駿河国)が争っていたように「(登山口を有する)環富士山地域で利権を巡り争っていた」のである。だから駿河と甲斐が争っていたという表現は全くもっておかしな表現と言える。そしてその環富士山地域の中で徳川幕府から庇護を受けた大宮が最終的に優位となったというだけの話である。個人的にはその自然の成り行きによって出来た土地認識の部分が適当であり、それに任せたいと思っている。

よく浅間大社の土地問題のときに「大宮と吉田は争った歴史がある」といいますが、こういう誤った表現をしてしまうから、「駿河vs甲斐」になってしまうのだと思う。そしてこの吉田と大宮の争いは山頂の土地の権利で直接的に争ったものではない。例えば嶽役銭(山役銭)を巡る対立が大宮と吉田であったが、やはり土地の帰属といったものの部類では到底ない(『浅間神社の歴史』古今書院版P487-488)。家で例えれば、土地の帰属がその土地保有者の変移と言え、山役銭は言っても受信料レベルの話であろう。全く以って性質を異にするものである。

それ(土地の帰属)を争ったのは、実際は「大宮」と「須走」である。その争い中に吉田が少し首を突っ込んだという感じが適当なのであるが、その事実を大きく変更して「静岡vs山梨」とするのは、悪質にも程があります。

そもそも吉田という地は、山頂の権利で争う土台にいなかったように思える。なぜなら、そういう争いに至るには山頂の内院散銭の取得権利などがあって利権がぶつかるものであるが、吉田がその権利を保持したことはない。よって山頂の土地の話の時に出す話でもないし、内院散銭を巡り大宮と須走(駿河国)が争った記録はあっても吉田と大宮間でそのような争いの記録はないのである。

そして先ほど述べたように徳川幕府からの庇護で大宮が権利を受け、後に江戸幕府により土地を寄進されたのである。徳川幕府から吉田(北口本宮)が庇護され、なおかつ権限を新たに与えられたとしたら、吉田の北口本宮冨士浅間神社が8合目以上を保持したかもしれない。須走が庇護されたら、須走浅間神社が保持したかもしれないということである。


  • 浅間大社への抗議はこれら利権争いの延長線
これら過去の争いの延長線が「昭和」という時代に起きたのが、「浅間大社への抗議」であると言えます。ではなぜ昭和に起きたのかというと、多くの神社の中でも浅間大社の土地のみ無償で引き渡されなかったという、いわば「事務的なミス(といっていい)」が明治時代に起こり、それの最終整理が昭和に行われたためです。抗議の裏には「あわよくば利権を崩せるかもしれない」という考えがあったのだと思います。それは江戸時代などとは異にする、もっと悪質な意図があると見たほうが良いです。

1953(昭和28)年2月5日のことだ。東京都内で富士山の形をしたみこしを担いでいるのは山梨県の人たち。実はこれ、明治時代に国有地とされた富士山頂の一部を、静岡県の富士山本宮浅間大社に譲与するとした決定への抗議だ。(富士山頂の所有めぐり抗議 産経新聞)

これを見て私は、山梨県全域というわけではなくてあくまでも「環富士山地域の1つ」である「吉田」による動きではないかと推測していました(河口がこういうことをするとは思えない)。どうも山梨県全体の抗議とは思えなかったのです。そして調べてみました。

1953年抗議当時

現在の富士吉田市のお祭り

上の写真と下の写真の神輿は同じものです。そして下の写真は吉田のお祭りで用いられるものなので、つまりは1953年の抗議の人たちは吉田の人たちということになります。ですから静岡vs山梨とかではなく、環富士山地域の利権争いの一幕ということなのです。問題は昭和という時代に果たしてそれをする必要があるのかということなのです。それが要因となり現在も尾を引いてしまった気がします。


  • 幻想

富士山に関する争いは「富士山の大宮・須走・吉田の争いと元禄と安永の争論」にて取り上げていますが、ここにあるようにむしろ「現在の静岡県側間での争いの方が激しかった」というのが真相なのです。また「裏富士」という言葉ですが、北斎や広重らの作品名にもあるように(『冨嶽三十六景』『富嶽百景』『不二三十六景』などにある)そういう言葉は存在していました。別に静岡県の人が作った名称ではありません。「静岡と山梨は互いに昔から富士山を巡り争っていた」とか「静岡県が一方的に裏富士と言っている」など、これらすべて幻想と言ってよいでしょう。あまりつかめていない意見だと思います。

もし本当に関心があるのなら、歴史的な考え方をしたほうが賢明と言えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿