2015年6月22日月曜日

富士山における合目や階層の概念について

富士山には「何合」という概念が存在する。しかしこの「合目」を学術的観点で説明する文献は意外にも限られている。

この説明をする上で、まず富士山に「階層」という概念が存在していたということを知る必要性があります。「合」は「階層」を示しているわけであり、当然階層の概念を示す史料を探る必要性があるわけです

『富士の歴史』では以下のように説明している。

室町時代末期の作なる富士浅間縁起に「富士山形蓮華合似、絶頂八葉、層々第八層到」と見ゆ。(中略)更に村山浅間社の萑修験大鏡坊から、嘉永年間に寺社奉行所に呈出せる「富士表口南面路次社堂有來之次第絵図」を按ずるに、砂振を第一層とし、順次二層・三層・四層・五層・六層・七層・八層・九層と記して、頂上に達する登山道を描き、始めて之を十分して居る。(中略)果して然らば、古くは何合といはずして何層と称したのかも知れぬ。(中略)

と説明した上で、あくまで「○合」の初見や由来の可能性として以下を示している。

  1. 『隔掻録』(1814)に「富士山を測る場合、その形から山形穀を盛るのに似ているので、一里を一合というようになった」という旨の記載がある。もちろん『隔掻録』の影響をそのまま受けた『甲斐国誌』も同様である。
  2. 『甲斐叢記』に「是より峰頂に至るまで、里数を称ずして合勺を以て数へ、十合に至る」とある。基本的に『隔掻録』と同様の解釈が示される。
  3. 芙蓉亭蟻乗の富士日記(「駿河国富士郡大宮と吉原の関係と富士山登山ルート」にて一部掲載)は胎生十月に準ずるとしている。「木花木花開耶姫は富士山の御神にして、御山も女躰にかたどるなり。麓より頂上迄一合・二合・三合目と次第に登り、絶頂迄十里有り、是を胎生十月に准ず」とある。
  4. 山頂のことをお鉢というが、仏寺の供米も御鉢料といい、そこから飯米になぞらい五勺一合というように「合」を用いるようになった
  5. 洪水のとき水量を図るのに「合」を用いるように、富士山にも用いるようになった
しかしこれらは推測の域を全く出ない。また十合の理由として、富士山縁起(村山三坊地西坊)は「六道(仏教用語)に声聞・縁覚・菩薩・仏を加えた数」としているという(「富士山とかぐや姫伝説」の「竹取翁説話を含む富士山縁起」の3のもの)。これも十合の由来の1つに数えられる。

「中世の富士山-「富士縁起」の古層をさぐる-」では以下のように説明している。

しかし近世以前の資料には、登山道を十合に区分する説を見出すことはできない。むしろ中世までは八層に区分する概念が通用していた形跡がある。鎌倉時代の書写である『浅間大菩薩縁起』では八層の地質の様相を具体的に記したうえに「八層はいわゆる頂上なり」と説明しており、当時の村山修験では八層説が用いられてたことが判明する。(中略)こうした資料を踏まえれば、中世において富士山の登山道が八層に区分されていたことは確実である

「富士山における階層の概念」は中世まで遡ることができ、ここは非常に重要な点であると言える。また他山での場合(他山では階層の概念があったのか、共通項はあるのか)と比較する必要性がある。

  • 参考文献
  1. 西岡芳文,「中世の富士山-「富士縁起」の古層をさぐる-」『日本中世史の再発見』,吉川弘文館,2003
  2. 『富士の歴史』(再販:名著出版,1973),260-264

2015年6月4日木曜日

駿河国富士郡大宮と吉原の関係と富士山登山ルート

富士郡の登山口として「大宮口」と「村山口」がある。この「登山口へ至るために道者はどの道を通っていたのか」という視点は重要である。

大宮は中道往還の宿でもあるが、甲斐側から登拝目的で至るということは無かった。基本的に南からである。村山も南から道者が訪れていた。つまり、東海道からの筋が一般的であったと言える(旧東海道ではない、近世の話)。

そう考えると、東海道の宿である原宿や吉原宿との関連性を模索する必要性がある。単に「吉原」が出てくる記録ですと莫大な量となってしまうため、「吉原-大宮-富士山」「吉原-富士山」を示す記録のみをピックアップしました。吉原と富士山を結びつけた記録ですと、結構絞れます。以下に紀行文の文面を記し、そこから簡単な考察をしてみようと思います。

【用語解説】

  1. 大宮 現在の静岡県富士宮市中心部、旧大宮町
  2. 吉原 現在の静岡県富士市、そのうちの旧吉原市
  3. 厚原:現在の富士市厚原、比較的富士宮市と富士市の境に近い(富士上方ではなく富士下方に該当)
  4. 三坊 村山三坊のこと。現在の富士宮市村山に位置した修験道の坊
  5. 浮嶋が原 沼津市と富士市の間に広がる。富士市の最低標高も浮嶋が原である
  6. 中道往還 甲府盆地と吉原宿を結ぶ街道であり、大宮を通る。

  • 貝原益軒『壬申紀行』
大宮に至る。大宮は富士山の下にあり。甲府へ往来する大道なれば町ながくして、いちくらには、くさぐさの食品器材等うりもの有、にぎはへり。(中略)大宮は富士山へのぼる道すぢなり。富士山にのぼる人は、六月朔日よりはじまりて同晦日までにいたる。(中略)富士のいただきにのぼる道、大宮より村山に二里。村山に民家あり。別当三坊あり。是より上は山なり。(中略)およそ高峯にのぼる人、吉原より行には丑の時に宿りを出て其あけの日ひねもすゆけば、其日の暮つかたには、すなぶるひまでいたる。そこにて飯などくひ、やすみて、夜に入、たいまつをともしてのぼる。(中略)日すでにかたふけば大みやをいでて吉原のかたへゆく。

大宮が甲府との連絡路として重要であったことを示している。つまり中道往還のことである。大宮は中世には楽市が行われるような商業地であり、その様相は近世でも同様であったと言える。「富士のいただきにのぼる道、大宮より村山に二里」という記述は大宮-村山ルートである大宮・村山口登山道のことを指す。「吉原より行には」とあるように、東海道の道者は吉原で休み夜出発していたと考えられる。中世の『絹本著色富士曼荼羅図』にも夜出発して松明に火を燈して登る様子が描かれている。



  • 貝原益軒『東路記』
原と吉原の間、浮嶋が原なり。(中略)吉原の町、延宝八年の比、海水あふれ民屋悉く崩る。是、世俗に津波と云也。町の人は富士のすそのの方へにげて命をのがれぬ。(中略)吉原の町より七八町北、富士のすそ野に今泉といふ村あり。(中略)吉原より今泉を通り富士のすそ野を経て大宮にゆく道あり。大宮に富士浅間の社有。大社なり。町あり。甲州へ行く海道の宿なり。是よりも富士へのぼる道あり。(中略)吉原より大宮へ行道一里ばかりにあつ原と云村有。曽我十郎、五郎が社、一所に両者あり。吉原と蒲原の間、うるい川有。大宮の方より出る川なり。此辺、富士のすそのより出る小川多し。富士川は甲州のおくより出、身延をへて下る。

原は東海道五十三次の13番目の宿場の地。浮嶋が原は沼津市と富士市の間に広がる。吉原の上にあるのが今泉である。南北朝時代は須津庄の地名として見える。


「吉原より今泉を通り富士のすそ野を経て大宮にゆく道あり」とあることから「吉原-大宮」の常套ルートはより詳細に言えば「吉原-今泉-大宮」なのかもしれない。大宮の説明に「是よりも富士へのぼる道あり」とある道は、「浅間大社東」から現在の「登山道入り口」の信号機辺りに至る道を指す。「吉原より大宮へ行道一里ばかりにあつ原と云村有」とあり、『壬申紀行』でも大宮-厚原…吉原と移動した上で、大宮-厚原間を「此間は道たいらかなり」と表現しているため、大宮-厚原-今泉-吉原か。大宮-吉原を移動する際、旧富士市域を通ることは基本的には無かったと考えられる。

  • 芙蓉亭蟻乗『三の山巡』文政6年(1823)
登口四ケ所、大宮口、須山口、砂走口、吉田口。尾州より行には大宮口より登る。東海道蒲原吉原の間、富士川東より左へ入、参詣道なり。大宮に凡二里斗、大宮に社人寺院も有。

これは東海道より大宮口に至る道を指すが、上記のような「吉原-大宮ルート」ではない。



参考として、寛文2年(1662)と思われる制札を示す。岩本(の道)に制札が出されており、参詣道として誘導している内容である。「吉原-大宮ルート」のような大道ではないが、道者が通るルートとして存在していた道であった。時代が大きく異なるが、上の記録の道はこの道に準ずるものではないだろうか。「東海道蒲原吉原の間、富士川東より左へ入」というところは、東海道-加島平野(辺りか)-岩本-大宮というルートを推測させる。

  • 高力種信『東街便覧図略』寛政7年(1795)
此宿むかしは、今いふよしわらの地にありし。(中略)且此宿に富士参詣大宮へ道あり。毎年六月富士詣とて諸人百日精進垢離して此山に詣す。近江の国の人のみわすか七日精進して登山す。

道者が「吉原-大宮」と移動していたことを示す。「近江の国の人のみわすか七日精進して登山す」は『壬申紀行』に「駿河国中の人は一日ものいみしてのぼる。他国の人は百日潔斎す。近江の人はものいみせずしてのぼる」とあることと内容が完全に一致している(記録の引用か)。これは西国の道者を特別扱いしていた村山での話である。富士山に登る際は禊を行ってから入山するが、駿河国の人は当日行い、他国の人は更に長い期日を要した。しかし近江国のみ簡素化が許されたのである。

  • 作者不詳『富士の道の記』 ※(「天保十四年癸卯八月」の後書あるため、それ(1843年)以前に記されたと言える、天保9年頃という)
大宮の駅 駿州富士郡に属す。此所は東海道の官駅吉原の宿より甲州にの往還にて、常に人馬の往来絶間なく、繁花なる市中也。且また身延山等にも是を行くもの有。(中略)富士山本宮浅間大明神の社 大宮の駅の左の方にあり。(中略)本宮東の方回廊の内より、富士登山の関門有。是なん大宮口と称す。(中略)是を凡夫川と云。流末富士郡厚原の南なる久澤という辺、山橋を経て東海道吉原の南にして街道を横ぎり、三度橋に至る。此辺にては潤井川と云。

この記録は重要な記述があまりに多いが、一部のみしか翻刻されていない。「本宮東の方回廊の内より、富士登山の関門有」とあり、大社の東から登山道が始まっていたことが分かる。他記録では「大宮口」「村山口」などが見い出せ、逆に富士郡ではそれ以外に登山口の名称はない。一部で人穴口などの記録があるが、とても一般的ではなかった。ここでも大宮-厚原-吉原の道順が示される。

  • 中谷顧山『富嶽之記』

追加予定。

  • 作者不詳『堅山難場道中記』萬延元年(1860)

追々行けば吉原駅〔原へ一里十六丁〕此宿はよし。此辺にて大雨続とたちまち富士川大水、川留三日程とまる。喰物更になし(中略)。吉原宿扇屋方へ泊り、弐百十八文。此所夜る富士の山へ登る人たい松をとぼし見事なり

この記録も、夜に吉原宿を出発し富士山へ向かうという記録である。基本的に登山はこのパターンであったと考えられる。

  • 芙蓉亭蟻乗『富士日記』

色々異なる事をなす事よしと其咄し聞て大宮口にいたる。この所は不二峯西表の禅定道なり。(中略)富士本宮大宮浅間御社 (中略)楼門の額は富士本宮と書す。一品法親王の御筆也。(中略)上の方に護摩堂、しゆろう堂あり。

大宮口についてである。東海道や中道往還は街道であるが、大宮口はやはりそれらとは異なる登山道としての概念であったと言える。

【総括】

  • 富士郡の登山口としては「大宮口」と「村山口」があった
  • 大宮口は浅間大社より始まり、大社東側を北上するルートであった
  • 東海道を利用しての登拝者は、吉原宿に宿泊しそこから大宮口・村山口に至るケースが多かった。その際は夜に吉原宿を出発していた。

古資料からは、このように言える。

2015年4月24日金曜日

富士山本宮浅間大社と静岡浅間神社の浅間造の相違点

富士山本宮浅間大社本殿は「浅間造」と称される独特の建築で知られる。その本殿について記す文献があるので、その類の資料から実像に迫っていきたい。まず静岡浅間神社と富士山本宮浅間大社の浅間造の明確な違いは、以下の点である。

富士山本宮浅間大社→本殿が浅間造
静岡浅間神社→拝殿が浅間造

双方の浅間造の建築については、「浅間大社本殿と静岡浅間神社拝殿の形態的特徴について」が詳しい。内容については明確に誤った部分もあり信憑性にやや疑いを残しつつつも、実際見ないと分からない部分もあり参考となる。

そこで両浅間社の上層平面図を眺めると、上層部分の床に下層から上層へのアプローチ空間をみることが出来た。図面の表記から浅間大社本殿では階段が設置されていることが分かるが、静岡浅間神社拝殿では取り外し可能の板が床面に確認できる。(中略)両浅間社に聞き取り調査を行った際に上層空間へのアプローチについて聞いたところ、図面の表記通り浅間大社本殿では常設の階段が、静岡浅間神社拝殿では床面を外し梯子を架けることが確認できた。また、静岡浅間神社拝殿で梯子を架ける際には狩野栄信・狩野寛信の天井絵が描かれている。(中略)狩野派によって描かれた絵がある天井絵を頻繁に取り外す事はないと考えられ、梯子を架けることはほとんどなかったのではないかと推察できる。以上より、常設の階段が設置されている浅間大社本殿は上層部分を使用する事を計画して設計されたものだと考えられる。一方で、静岡浅間神社拝殿は非常設の梯子による上層空間へのアプローチであることから、上層空間の使用は考えていなかったと考えられる。

独特の建築で知られる宇治平等院などは、左右の翼廊上層部分に似たような建築がある。この部分のみ取り出すと、浅間造と非常に類似しているのが分かる。現地で実際拝見してみたが、人間が上層部分に(余裕をもって)入れる程の隙間は無かった。ある意味では、静岡浅間神社に近いと言える。

同氏の論文で『富士山本宮浅間大社本殿の重層建築形態に関する再検討-新史料の紹介を含めて-』というものがある。

一方、大正時代の修理工事の際に作成された図面によると礎石から箱棟頂部まで四丈九尺であることがわかる。これより、江戸時代の記録と比較すると最大で九尺の違いがあることが分かる。また、明治時代に本殿から御神体が発見されるという出来事があったのだが、その時の記録によると「主典古矢之三階下ノ梁上二、筥有ルヲ見出シ」とあり、三階部分から発見されたと記されている。もちろん明治時代の本殿は現在の本殿の社殿同様に二階建てであり、三階という表現は不可解である。しかし大社の神主の間では三階という表現が用いられていた事は興味深い事である。

おそらく、外見としては「二重」であるため、『富嶽之記』(1733年)では「本殿二重閣」とあり、『駿河記』(1809年)などでは「本社二階」とある。しかし内部の人間はそこに階段があることを知っているわけなので、「三階」とする記録があるのだろう。しかし個人的には、明治時代の記録に歴史性はあまり感じないので、中世-近世で「三階」という意識があったとはあまり思わない。

本殿は社の中でも重要な箇所であり、その上層部に御神体があるのは全くおかしなことではない。御神体に多くの機会をもって関わるということは無かったため、人が上層空間を使用する意図で階段状にしたかは疑問が残る。この御神体は、富士大宮司ですら容易には見ることができなかったものなのである(建部恭宣,「浅間造の研究5」を参考)。明確な意図があったかどうかは分からない。

  • 参考文献
  1. 佐藤翔二,「浅間大社本殿と静岡浅間神社拝殿の形態的特徴について(駿河国浅間社社殿の研究その1)」学術講演梗概集2013, 387-388, 2013
  2. 佐藤翔二,「富士山本宮浅間大社本殿の重層建築形態に関する再検討-新史料の紹介を含めて-」,日本建築学会関東支部研究報告集 83(II), 645-648, 2013
  3. 建部恭宣,「浅間大社本殿上層について(浅間造の研究5)」,学術講演梗概集F-2, 25-26, 1999