2018年6月14日木曜日

富士市の基本情報及び富士山との関係

このページは富士市の基本情報と地理上の富士山との関係についてを簡潔に説明するページです。イメージが湧きやすいように画像を多用しておりますので、御覧ください。


富士市は静岡県東部の市である。地図を見れば分かるように周りは山岳に囲まれており、南に駿河湾が位置する。「山岳に囲まれており」の中でも特筆すべきは愛鷹山塊の越前岳(1,504m)と北方に位置する富士山(3,776m)である。



海抜はサイトによっては最低海抜を「0m」とするものもあるが誤りであり、「0.7m」である。最高海抜は3,421mである。

隣接する富士宮市同様「富士」を冠する自治体であるが、その大元は加島村という村が町制施行した際「富士町」と名称を変えたことによる。昭和4年のことである。その後市制施行で富士市となり、「吉原市」(合併直前の人口90,224人)「富士市」(合併直前の人口53,247人)「鷹岡町」(合併直前の人口16,101人)の合併で富士市の名称が選ばれ現在に至る。

官報

2008年には富士川町を編入している(その後山梨県に富士川町が誕生したが、区別が必要)。


中世には「富士下方」(ふじしもかた)と呼ばれた地であり、その範囲は現在の富士市域と概ね一致している。隣接する富士宮市は「富士上方」と呼ばれていた。


上の図は富士山を山頂から見た図であり、財務省のHPにあるものに加筆したものである。富士市は市域の上部の細い部分が富士山体にかかってくる自治体であり、青と橙の間がそれである(大淵村とある箇所が現在の富士市にあたる)。

Google mapsより
現代の地図を見比べると、一層分かりやすいでしょう。

赤:富士山域
その地理的特質上、世界文化遺産上の定義である「富士山域」にかかる面積も少なくなっている。また富士市には「世界文化遺産富士山」の単独の構成資産は無い。


また富士山は「史跡」でもあるが、史跡としての富士山としては富士市は含まれていない。また富士市の特徴として浅間神社が多く分布することが挙げられ、その数は富士宮市より多い。


以上が、「富士市と富士山との関係」についての簡潔な説明である。

0 件のコメント:

コメントを投稿