2011年2月13日日曜日

表富士と裏富士、表口と裏口

富士山というのは「富士」、「冨士」、「不二」など様々な表記のされ方をされています。このシンボルとして考えられてきた富士山は、地理的な経緯・歴史的経緯などが複雑に関わりさらに表現として細分化され、「表富士・裏富士」、「表口・裏口」などと言った歴史用語が存在しています。今回はそこの部分に迫っていきたいと思います。

『甲州道中図屏風 左隻』に見える「裏富士」の表記、下部の文字は「甲府」
世間一般では表富士は静岡県側を、裏富士は山梨県側を指しますが、歴史的に見てもそうでした。今回はなぜそのように区別されるようになったのか、歴史的史料にて探っていこうと思います。

  • 昔からあった「表口」「裏口」の意識
いつからこのように言われるようになったのかはよく分かっていません。例として延宝8年(1680)の『八葉九尊図』には駿河側の登山道を指して「するが口表」という言葉が表記されています

八葉九尊図
緑の部分に「するが口表」とある

参考:富士山の表と裏(富士吉田市歴史民俗博物館資料)
これは実際図をみれば分かるように北口(山梨県側)中心の図なのですが、この中で北口に対して南口(静岡県側)を「するが口表」と言っている構成です。つまり「表口」という呼称を否定するようになったのは、現代になって見られるようになった特殊現象と言えるでしょう

また『富士の道の記』(天保9年と推定)には

此町(注:大宮町、現在の富士宮市)は近辺の都会にて、常に往返絶間なし。(中略)扨また此所より東の方、富士山南表山の方に寄りて、世にあまねく聞へしふじの鶴芝といふあり。

とあり、当時の旅人も駿河側を表と考えていたようである。富士吉田市歴史民俗博物館の資料によると、駿東郡方面からの「浅間駒嶽」(須山口・御殿場口頂上)、北・東口頂上の「薬師嶽」(久須志ヶ岳)は「裏口」と記述されていて、駿河でも富士郡からの登山口のみが「表口」と意識されていたのであったとあります。しかしこれは誤りでしょう。須山口を「表口」と称する史料は結構存在しています。


登山口場所呼称
川口口甲斐国都留郡川口村北口・裏口
吉田口甲斐国都留郡上吉田村北口・裏口
須走口駿河国駿東郡須走村東口・表口
須山口駿河国駿東郡須山村南口・表口・東口
村山口駿河国富士郡村山村南口・表口・西口
大宮口駿河国富士郡大宮町南口・表口・西口
※『裾野市史第八巻通史編』P665より引用

つまり単に、駿河国=表、甲斐国=裏という認識であったと言えます。また甲斐国の代表的地誌である『甲斐国志』などでも普通に「南面が表で北は裏である…」という表現が見られます。甲斐国側の地誌で「裏」としているのですから、甲斐国側が裏と認識されていたということは疑う余地がありません。これら資料を鑑みると、駿河側の資料というよりは、甲斐側の資料にて駿河を「表」としている記録が目立つことが分かります。

表口迄海道線図(富士山みちしるべより)

  • 「表富士」と「裏富士」
これもいつから呼ばれるようになったのかよく分かっていません。しかしこれらの言葉は既に昔には一般に用いられていたということははっきりしています。著名な例では歌川広重の不二三十六景の中の一つ、『甲斐夢山裏富士』などもそうです。

『甲斐夢山裏富士』
※夢山とは現在の夢見山のこと
歌川広重というと、もう一人思い浮かべるのは葛飾北斎。葛飾北斎といえば「富嶽三十六景」が有名ですが、この作品の後に10図が追加されています。その10図を「裏富士」と呼んだりします。「富士吉田市歴史民俗博物館」の資料の中では「版行当時、もしくは後代の呼称なのか定かではない」とあります。私もそれは疑っていて、後に呼称されるようになっただけにすぎないのではないかと推測しています。つまり便宜上「裏富士」としたと考えられるのです。

その中に『身延川裏不二』という作品があります。これは当時に命名された作品名です。

『身延川裏不二』
葛飾北斎や歌川広重、また版行に関わった周りの人物も普通に「裏富士」という言葉を用いていたと言わざるを得ません。悪意を込めて北斎らがその文字を書き込むとは考えにくいことから、つまり当時一般にそういう言葉が存在していて、江戸の人たちなども普通に用いていたということになります。北斎や広重は駿河の人間ではないので、当然「静岡県の人がそう呼んできた」というのも全く見当違いということです。

またこれらを総合してみると、たまにいわれる「東海道から見える富士山を表と言っていた」というのは全く的を射ていないと言えます。そもそも(少なくとも)基本的には富士郡からの登山口を「表」としているわけであり、その富士郡の登山口がある「大宮」や「村山」は別に東海道に属しているわけではないですからね。


作者出版名作品名と場所
歌川広重不二三十六景「甲斐夢山裏富士」(甲斐国甲府)
葛飾北斎富嶽百景裏不二」(甲斐、甲府盆地西部)
葛飾北斎富嶽三十六景「身延川裏不二」(甲斐国身延)

  • 今川義元と武田信玄間の一説
これは大河ドラマでの場面を実際の逸話のように勘違いしているだけです。そもそも互いに対面したとされる「善徳寺の会盟」ですが、学術的には無かったという理解が定説です。なので、もう全く関係のない話となっています。

「富嶽百景 裏不二」(葛飾北斎)

  • この言葉の解釈
古来富士山は「駿河のもの」と考えられていたという事実があります。その意識が根強くあり、そのような区別が形成されたのだと私は思っています。時代が進むと登山道が複数作られるようになり、「登山口の区別における名前」として駿河国のものを「表口」とし、それ以外を「裏口」としたのかもしれません。その「表と裏」の意識が巡り巡って「表富士、裏富士」という言葉を生んだのだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿