2013年3月3日日曜日

様々な富士の「富」

「富士(山)」という表記は平安時代には既に確認されており、つまり現在我々が自然に表記する「富士山」というものは、平安時代まで遡ることができるということになる。

そこで考えることに、「富士」の「富」は一体どのようなものがあるかということである。一度こういうページを設けて、徐々に実例を掲載していきたいと思っています。明らかに「富士」と表記された例の「富」、または「フジ」を示した際の「富◯」(例:『日本霊異記』に見られる「富岻」)について掲載したいと思います。

  • 「平城京二条大路木簡」(天平7年(735年))

これは「富士郡」の初見であり、駿河国のこの地が古来より「富士郡」と呼ばれていたことを明確にすると共に、富士郡の内側を示す大変重要な木簡である。

「駿河国富士郡古家郷」「富士郡久弐郷」「駿河国富士郡嶋田郷」とある。「冨」の「一」のない表記である。

  • 『日本霊異記』(成立は九世紀初めとされる)
『日本霊異記』、「興福寺本」より

『日本霊異記』の成立は九世紀初めとされる。富士山に関する記述としてはかなり古い部類である。また富士山における信仰面が伺える記録でもあるため、極めて重要な記録である。「冨」の「一」のない表記である(興福寺本で最古の写本とされる)。

  • 『今昔物語集』(平安時代と推定)

『今昔物語集』の「駿河国ノ富士ノ神主、地蔵ヲ帰依スル語第十一」にある、浅間大社を指す語である。「富士(の)宮」の初見かと思う。

「冨」の「一」のない表記である(鈴鹿本、原本の可能性アリ)。

  • 後醍醐天皇綸旨(正慶2年9月3日)


正慶2年(1333年)の書状である。宛には「富士大宮司館」とある。「冨」の「一」のない表記である。

  • 「足利尊氏軍勢催促状」(正平6年12月17日)

「富士河」とある。「冨」の「一」のない表記である。

  • 脇指 銘奉富士本宮源式部丞信国/一期一腰応永廿四年二月日(1425年)


「一期一腰 応永卅二年二月日」と彫られている部分があり、この刀が打たれたのは応永32年(1425)であると思われる。「冨」の「一」のない表記である(写真中の文字は便宜上「富」としている)。

  • 『満済准后日記』 永享5年(1433)4月27日条

満済筆の「富士大宮司」である。「冨」の「一」のない表記である。

  • 『勝山記』(1521年の記述、筆写時期は不明、冨士御室浅間神社所蔵本)

「富士勢負玉フ」とある。武田信虎軍に富士氏が負けたことを記しているとされる。『勝山記』の「冨士御室浅間神社所蔵本」の筆写時期は不明。

古い記録は把握こそはしていますが画像収集に意外に時間が掛かるので、気長くお待ち下さい。徐々に古い記録にのみクローズアップしていこうと思っています。


  • まとめ

古来より富士の「富」は"「冨」の「一」のない文字"で表記されることが慣例であったと言う事ができる。また"「一」のない"意図は不明であるが、「冨」とする理由はやはり縁起を担ぐ習性があったからであろう。一説には「冨」は画数でいうと11画であり奇数となるが、陰陽の考え方で奇数は陽となるため縁起が良いとされる(参考:富士山の豆知識)。「富士」という表記は大きく時代が下ってからでであろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿